転職成功者インタビュー

三井・ケマーズ フロロプロダクツ株式会社
佐藤英樹さん(仮名・プラント保全) 36歳

「もっと家族との時間を大切にしたい」通勤時間短縮だけでなく、待遇や職場環境にも満足。

大手包装容器メーカーで15年間、エンジニアとして働いていた佐藤さん。転職を考えるようになった理由は通勤時間の長さだった。当時の通勤時間は片道約2時間。「もっと時間を有効に使いたい。家族との時間をもっと大切にしたい」と考え転職を決断し、現職への転職に成功。年収ダウンも覚悟していた佐藤さんだったが、各種手当を考慮すると結果的に年収はアップ。新たな職場環境で改めて学び直す重要性を感じ、多くのものを得られたという佐藤さんに、転職体験談を伺った。(※本記事の内容は、2021年3月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで100日間

転職前

業種
包装容器メーカー
職種
機械系エンジニアリング全般
業務内容
生産管理、工程管理、機械保全、設備開発等

転職後

業種
国内で唯一テフロン(TM)の研究・製造を行うフッ素化学専業メーカー
職種
プラント保全
業務内容
設備のメンテナンスや修繕など、プラント保全業務

通勤は片道2時間。時間を有効に使いたいと考え、転職を決断。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

三井・ケマーズフロロプロダクツは、フッ素樹脂「テフロン(TM)」を製造している化学メーカーです。当社の製品は、半導体や情報機器、自動車、建築など幅広い分野で活用されており、私はフッ素樹脂を製造している清水工場でプラント保全業務を担当しています。工場にある機械の修理やメンテナンスがミッションで、協力会社さんたちがスムーズに作業できるよう、メンテナンス計画のスケジュール調整や段取りを検討したり、改善プランを検討するのが主な仕事です。

入社前のご経歴を教えてください。

埼玉の高校を卒業後、大学で機械工学を学び、新卒で全国規模の大手包装容器メーカーに就職しました。静岡の工場に配属され、最初の9年間は設備管理部門でメンテナンスや改善業務、最後の6年間は開発部門で新商品の開発に携わりました。

転職したきっかけは?

結婚を機に、妻の実家がある静岡市内に引っ越したんですが、会社までの距離が非常に遠くなり、車で片道2時間かかるようになってしまいました。実はその頃、母が他界したこともあって、自分の働き方を見直すきっかけになりました。「人生には限りがある。時間をもっと大切にしなくちゃいけない」と、気づいたんです。特に子どもが生まれてからは、「家族との時間を大切にしたい」と強く思うようになりました。前の職場では機械の設備管理や開発職としてある程度実績を積んでいたので、今なら自分を必要としてくれる会社があるかもしれないと思い、転職を考えるようになったんです。そして当時関わっていた大規模プロジェクトがひと区切りついたタイミングで、実際に転職活動を始めました。

転職活動はどのように進めましたか?

まずはいろいろな転職サイトに登録してみて、静岡にどんな会社があるのか、自分のキャリアにどんな需要があるのかを自分で調べ始めました。そんな折、リージョナルキャリア静岡のコンサルタントの方からメールを頂きました。実際にオフィスに伺いコンサルタントの方にお会いしてみると、私のキャリアについて非常に親身になって相談に乗って頂き、当時の私の業務内容も細かくヒアリングし理解をしてくれました。そして、私が転職を考え出した理由をじっくりと聞いて頂いた上で、自宅から無理なく通勤できて、さらに今までの機械エンジニアとしての経験が活かせそうな案件を10社ほど紹介して頂きました。その中でも今の会社が自分の希望通りで、ここなら家族との時間も大切にできると感じ、応募することに決めました。そして内定を頂いた後はすぐに入社することを決意しました。

慣れない仕事は戸惑うことも多かったが、得られたものも非常に多かった。

転職していかがですか?

入社後はまず1ヵ月の研修があり、丁寧に仕事内容を教えて頂けたので非常にありがたかったです。とはいえ、いざ現場に出てみると、「これまでの経験だけでは通用しない。自分自身のスキルアップが必要だ」と感じました。エンジニアリングの世界ならどんな仕事でもやれる自信があったのですが、つくるものが違えば、設備もまったく違いますし、覚えなくてはならないこともたくさんありました。新しい環境で人間関係も築いていかないといけない。ですから最初の3ヵ月は戸惑うこともありましたが、その分学べることも多く、前向きに取り組みました。半年ほど経って、「ようやく少し慣れてきたかな」とわずかですが余裕が出てきました。職場の雰囲気が良いところにも本当に救われています。特に上司の方々が本当に良い方ばかりで、私が悩んでいる時も、親身になってじっくり話を聞いてくれるなど、安心して働けています。

生活面でも変化がありましたか?

実は転職する少し前に一戸建てを買っていたんです。今の職場は30分~40分で通勤できるので、以前の通勤時間の1/3になりました。長時間運転は疲れましたから、体力的に本当に楽になりました。しかも帰りが早くなった分、子どもと遊べる時間や、自分の時間も増えました。昔やっていた楽器(ベース)の練習も再開したので、いつかまた仲間とライブができたらなと思っています。

困ったことや課題はありますか?

私の場合は、業界が前職と異なる部分も多かったため、慣れるまでに少し時間がかかりました。前の職場では1人分以上の仕事ができているという自負があったのに、今は1人分もできていない。思うように仕事ができなくて、「こんなはずでは…」と、採用してくれた会社に対して申し訳ない気持ちになった時期もありました。でも、これは転職した際に誰しもが乗り越えてきた壁だと思います。まだまだ学ぶべきことは多くありますので、今後も前向きにスキルを習得していきたいと思っています。

転職してよかったと思うことは?

まずは、通勤時間が大幅に短くなり、家族との時間や自分の時間が増えたことです。そのうえ、年収も増えました。今の会社は社員を非常に大事にしてくれ、福利厚生や手当が手厚いので、とても助かっています。ですから経済的にも余裕ができましたし、仕事で疲れていても、もっと頑張ろうと素直に思えるんです。また仕事の面でも、分野が違うので覚えることも多いですが、その分自分の勉強になっていると感じています。今までは経験することの無かった機械設備を触る事ができ、仕事をする上での視野が広がったと感じます。これは転職しなければ得られなかった経験だと思います。今はまだ勉強中のこともありますが、エンジニアとしても、1人の人間としても、成長できると思っています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

転職は、入社した後が一番重要です。入社後の「学ぶ姿勢」がとても重要だと思います。自分の経験に自信を持つことも大切ですが、転職したら環境が変わるのは当たり前で、前のキャリアがそのまま活かせるとは限りません。転職するのであれば、「もう1度、ゼロから学ぶ」という覚悟を持って臨むことが大切だと思います。そうすることで、高い壁にぶつかった時でも前向きに学び、成長できるのだと改めて経験することが出来ました。転職に成功するもう1つのポイントは、よいパートナーを見つけることでしょうか。私もリージョナルキャリア静岡に相談していなかったら、いい転職ができていなかったかもしれません。もし今から友人が転職活動をするとしたら、自信をもってリージョナルキャリア静岡を薦めます。親身になって自分にあった求人を紹介してくれますし、1人で探すよりも間違い無くスムーズに進むと思います。

担当コンサルタントから

コンサルタント 
内田 康太

初めて佐藤さんとお会いした際に、ご自身がこれまでどんな仕事をしてこられたかを、非常に丁寧にご説明いただきました。お話する姿はとても熱心で、機械エンジニアという仕事が本当に好きな方だと感じたことを覚えています。ご経験値の高さはもちろんですが、親しみやすく真面目なお人柄が印象的でした。私は理系出身ではないものの、以前 産業用機械商社で技術営業として働いていた経験があったので、佐藤さんのこれまでの仕事内容を比較的すぐに理解できました。その場で、ご経験を活かせるポジションや企業がすぐに思い浮かび、提案をさせていただきました。入社直後は苦労されたこともあったようですが、佐藤さんであれば更にスキルアップし、今後企業に大きく貢献されることと確信しております。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る