リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア静岡で転職した方々に体験談をお聞きしました。

静岡にいながら世界トップレベルの研究に取り組め、私生活も理想の形に。

ポリプラスチックス株式会社
高橋知也さん(仮名・研究開発) 33歳

転職回数
0回
転職期間
エントリーから内定まで120日間

大手生活用品メーカーの研究員として、仕事のやりがいや待遇にも満足していたという高橋さんだが、結婚を機に今後のライフプランを真剣に考えるようになったという。夫婦ともに静岡県の出身で、首都圏では理想とする子育てができるイメージがわかなかったため、「自分にとって本当に大事なものはなにか?」を自問自答し、静岡へのUターン転職を決意。そして出会ったのは、静岡に研究所を置きながら、世界的なシェアを誇る素材メーカー。「研究レベルの高さに驚きました。家族との時間もすごく増えたんです」と高橋さんは笑顔で体験談を語ってくれた。(※本記事の内容は、2020年12月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
日用品メーカー
職種
研究開発
業務内容
高分子材料の研究開発

転職後

業種
世界的なシェアを誇る素材メーカー
職種
研究開発
業務内容
エンジニアリングプラスチック(高機能樹脂)の研究開発

「ここで家族と一生暮らせるのか?」自問自答のすえ、静岡へのUターンを選択。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

素材メーカーのポリプラスチックスで、エンジニアリングプラスチック(高機能樹脂)の研究開発をしています。基本となる樹脂に様々な添加剤を加えて、耐久性や安全性といった機能をより高めていく研究に取り組んでいます。当社の製品は、自動車部品を中心に生活の幅広い場面で使用されており、世界トップシェアのものもあります。富士市にある研究開発センターの職員は約50名で、複数のグループに分かれて研究開発をしており、私は入社と同時にポリアセタール(耐磨耗性に優れた素材)という当社の主力製品を担当しています。

入社前のご経歴を教えてください。

出身は静岡県内で、東京の大学院を卒業してから大手生活用品メーカーに就職しました。最初の6年間は東京で高分子材料の研究開発に取り組み、その後2年間は小田原の研究施設に異動しました。また働きながら関東にある大学院の博士課程に進み、高分子の研究で博士号も取得しました。

転職したきっかけは?

地元静岡に戻りたかった、というのが一番です。入社3年目くらいから、漠然とそう考え始め、30歳のときに結婚したことで真剣に考えるようになりました。小田原へ異動になったのもちょうどその頃です。ですが、妻の仕事の都合もあって小田原に移り住むことができず、私は川崎から小田原に片道2時間かけて通う生活を続けていました。「川崎で家族と一生暮らすのか?」と考えた時に、イメージが湧きませんでした。将来的な子育ての環境を考えると都会での暮らしは大変そうで、理想とする一軒家はコスト的に難しそう。同じ静岡県出身の妻も、同じ気持ちだったようで、Uターンの相談をすると「私も静岡に戻りたい」と言ってくれました。

転職活動はどのように進めましたか?

結婚を機に真剣に転職サイトをチェックするようになりました。すると、リージョナルキャリア静岡からメールが届いたんです。静岡専門の紹介会社ということで興味がわき、電話で話を聞いてみることにしました。研究職で勤務地は富士か浜松周辺に絞って探していたのですが、希望を伝えると複数の会社を紹介してもらえました。

今の会社に決めたポイントは?

まずは、職種と勤務地が自分の希望通りだったこともありますが、今の会社は前の会社の取引先だったんです。同僚だった妻が雰囲気をよく知っていて、「研究のレベルが非常に高い会社」と言ってくれたことも大きかったですね。厳密にいえば研究分野は前職とは違うのですが、分析機械などは同じものが多くて、これまでの経験を活かせそうだと思いました。

研究レベルの高さに驚き。帰りも早くなり、夫婦でのウォーキングが日課に。

転職していかがですか?

職場の雰囲気がすごく温かくて、働きやすい環境です。とはいえ当初は、予想以上に前職との専門分野の違いを感じました。正直、初めて触れる知識も多くありました。私が前職で主に研究していたのは粘着剤という柔らかい素材でしたが、エンジニアリングプラスチックは固い素材なので、扱い方から違うんです。また、当社は60年以上も高分子に特化した研究に取り組んできているのでスペシャリストが多く、社員の知識や蓄積されてきた情報の豊富さには驚かされました。皆さん研究熱心で、意欲の高い方々が多いので、刺激を受けますし、そこは転職して本当によかったと思っています。それに、扱う分析機器や研究テーマの進め方は基本的に同じですし、前の会社で畑違いの研究部門へ異動になった際に、必死に勉強しながら研究を進めていった当時の経験が今、活きていると思います。

生活面の変化はありましたか?

今は富士宮のアパートに夫婦で住んでいます。家賃は川崎の時の1/3程度になりました。通勤は車で、道が空いていると35分くらいで会社に着きますね。もっと会社に近い物件もありましたが、妻の実家に近い点が決め手になりました。実は今の会社から内定をもらったときに、妻の妊娠もわかりまして。転職してからは家に帰る時間も早くなって、プライベートの時間もかなり増えました。今は遅くとも19時半には家に着けるので、すぐに晩御飯を食べて、そのあと妻と一緒にウォーキングするのが日課になっています。川沿いの遊歩道を1時間ほどのんびり歩いています。水音を聴きながら歩くのは本当に気持ちがいいですし、二人でゆっくり話ができるのも嬉しいです。

困ったことや課題はありますか?

入社してすぐに前任者の研究テーマを引き継ぎ、すぐ1人立ちという感じだったので大変さはありました。とはいえ、年齢的にはもう若手じゃありませんから、中途入社でも中堅社員としての役割を果たしていかなければならないと感じています。大変ですが、会社という組織における自分の責任だと思いますし、研究者としても成長できていると感じています。

富士宮の住み心地はいかがですか?

住んでいてとても気持ちがいい街です。川や水路が多いので、あちこちから水のせせらぎが聞こえてきますし、富士山もきれいに見えます。車でちょっと行けば大きなショッピングモールもあるので、不便さは全く感じません。こちらに来てから車を購入しましたが、車があるとすごく便利です。子どもができてからは、なおさらそう感じますね。

転職してよかったと思うことは?

プライベートが理想の生活に近づきました。早く帰れるようになったことで夫婦の時間も増えましたし、これからは子どもとの時間も大切にできそう。実家も含め、家族の時間が増えて、大満足です。そのうえ、仕事も充実しています。静岡にいながら世界的にもトップレベルの研究ができるので、やりがいを感じることができます。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

転職がベストなのかどうかは、人それぞれ。よく考えることが重要だと思います。私自身もかなり悩みました。前に勤めていた会社は大手で、ネームバリューもあったので、転職は勇気が必要でした。でも、「自分の中で本当に大事なことは何なのか?」を考えて決断し、行動したんです。今はその選択が正解だったと確信しています。考えるうえでは、選択肢を増やすことも大事です。選択肢を見つけるためには、1人で悩んでいるより、エージェントに相談するのもいいと思います。なかでもリージョナルキャリア静岡は、普段からいろんな地元企業の人事や経営者と話をしているようで、WEBで調べても得られない詳細な企業情報や、転職市場の情報をたくさん持っていました。妻も子育てが落ち着いたら転職を考えているので、リージョナルキャリア静岡を是非すすめたいと思っています。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る