リージョナルグループスタッフBlog

その他2018.11.21

働き方改革が進む今、気になる「年間休日」のお話

こんにちは!

リンク・アンビションのスタッフ小林です。

今回はみなさんが転職活動をされる上で

きっと気にされている「年間休日」についてお話したいと思います。

(休みなんて気にしない!というモーレツ戦士な方も

 もしかするといらっしゃるかもしれませんが・・・)

東京でのUI面談会を開催していると、

企業の安定性や給与の高さだけではなく、

「働きやすさ」という側面で企業の「年間休日」を

気にされる方が増えているように感じます。

みなさん、求人票でよく目にする「年間休日」

「少ないor多い」の基準は知っていますか?

実は、一般的に(例外もありますが)
年間休日の下限は105日といわれており、

それを下回ると世の中的には休日が少ない、という認識になります。

この「105」という数字には根拠があります。


少し複雑な計算式のお話になりますが・・・

1日に働く時間を8時間として、

8×5営業日で1週間の労働時間は40時間。

1年間(365日)を1週間(7日)で割ると1年間の週数は52週間。

40時間×52週間で年間の総労働時間は2,085時間。

この2,085時間を1日(8時間)で割ると大体260日間。

これが年間の総労働日数になるので、

1年間(365日)から、この年間総労働日数(260日)を引くと

「105日」です。


つまり、年間休日105日を下回ると

計算上では週に2日の休みが確保されていない状態ということになります。

ちなみに、2017年の全国労働者一人の平均年間休日総数は113日だそうです。

(出典: 独立行政法人 労働政策研究・研修機構「グラフでみる長期労働統計」)

求人への応募を検討される場合のひとつの基準として

参考にしてもらえたら幸いです。

静岡県内では なお年間休日100日を切る求人を見かけますが、

中には年間休日130日を超える企業もいらっしゃいます。

例:一部上場 某機械メーカーでは年間休日131日!

また、ここ数年の弊社の転職支援実績を振り返ると、

全体のおよそ35%以上が「年間休日120日以上」の企業で転職決定されています。


かつてない採用難時代、

企業としては、働き方改革のひとつとして

取り組んでいくべき課題の一つかもしれませんね。

(もちろん、休みが全てではないと思いますが・・・)


弊社の転職支援サービスでは、

数字で見える働きやすさはもちろん

目に見えない 企業風土や社風を含め

求人のおすすめをさせていただきます。

ぜひお気軽にご相談ください!


静岡で実現できる「理想の仕事、理想の暮らし」

一緒に描いてみませんか?


・・・そろそろ帰ってこいよ!

okuooi.jpg

写真は休暇を利用して訪れた静岡の奥大井湖上駅です^^

この記事を書いた人

リージョナルキャリア静岡

バックナンバー

ページの先頭へ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
静岡市 浜松市 沼津市 熱海市 三島市 富士宮市 伊東市 島田市 富士市 磐田市 焼津市 掛川市 藤枝市 御殿場市 袋井市 下田市 裾野市 湖西市 伊豆市 御前崎市 菊川市 伊豆の国市 牧之原市
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
面談会情報を探す