リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア静岡で転職した方々に体験談をお聞きしました。

自営からの再出発は大成功!ONとOFFのメリハリがつき、収入だけでなく生活のサイクルも安定。

株式会社新聞堂総合研究所
米原春明さん(仮名・戦略推進) 31歳

転職回数
5回
転職期間
エントリーから内定まで35日間

静岡県内の広告代理店で働いていた米原さんに転機が訪れたのは、30歳のときだった。勤務先の経営悪化を機に、仲間と二人で会社を立ち上げたのだ。しかし経営が軌道に乗らないまま1年が経過し、米原さんは再び就職することを決意した。しかし米原さんにとって5回目の転職活動。「転職回数の多さや、独立経験が不利になるかもしれない・・・」と心配していたが、リージョナルキャリア静岡に相談すると、今まででいちばんスムーズに内定を獲得できたという。新しい仕事は、これまでの経験が存分に活かせるフリーペーパーの企画営業と新規事業の立ち上げ。そのうえ、「自宅で仕事をしていたときよりも、自由に使える時間が増え、家族も喜んでいます」と、晴れやかな笑顔で語ってくれた。(※本記事の内容は、2017年10月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
コンサルタント
職種
マーケティング
業務内容
自社ECサイトにおけるWebマーケティング(SEM・SEO・SNSプロモーション戦略・アクセス解析・外注とのディレクションなど)や、広告代理店への企画提案。

転職後

業種
広告
職種
戦略推進
業務内容
経営者とともに新規事業における戦略の企画・実行

独立経験はムダじゃない。経営者の視点を身につけた今だからこそ、できる仕事がある。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

富士市にある新聞配達の会社が始めたコンサルティング会社で働いています。社員は私を入れて5名。現在のメインの事業は、「Face to Face」というフリーペーパーの編集・制作・発行です。私は企画営業として、飲食店などのクライアント(広告主)に対し、「どんな広告を作っていくか」という提案を行っています。少人数の会社なので、必要に応じてコピーも書きますし、DTPのオペレーションも自分で行います。それと同時に新規事業の立ち上げも担当しており、市内の新聞配達店を活用したポスティング事業を計画中。現在その実現に向けて社長とともに奔走しているところです。

入社前のご経歴を教えてください。

東京の専門学校を卒業後、最初に就職したのは、東京にある編集プロダクションでした。そこで旅行パンフレットの編集などを4年間経験した後、静岡県にUターンしたんです。以後、3社の広告代理店で約6年間、営業企画やマーケティングプロデューサーの仕事を経験しました。その後、同僚とアロマを使ったコンサルティング会社を立ち上げ、今の会社に入るまで、富士市の自宅で仕事をしていました。

転職のきっかけは?

まず脱サラして独立したきっかけは、勤めていた広告代理店の経営が立ち行かなくなったためでした。退社しなければならなくなったときに、その時の同僚と、「転職するより、自分たちで会社を立ち上げよう、という話になったのです。ところが1年が経過したころに、金銭的なトラブルで、会社を続けていくことができなくなりました。そこで生活を立て直すために、再就職することにしたのです。

転職活動はどのように進めましたか?

過去に大手の転職サイトに登録していたので、古くなってしまっていた自分の情報を更新することから始めました。自分の希望自体は、勤務地は静岡県内、業種は広告かマーケティングと、昔と変わっていなかったのですが、その後の転職回数が多く、独立もしていた、という経歴が不利になるのではないか?と気になっていました。そこで、そうした経験こそがこれからの仕事にも活かされてくるはずだということを自己PRとして書き加えたのです。事実、独立してみて視野は広がりましたから。サラリーマンと経営者とでは、働く意識も視点も違います。「今なら、自分も経営者の視点で動ける」、そう思っていました。そしてオファーを待っていると、リージョナルキャリア静岡からメールが届いたんです。すぐに登録し、面談に行くと、その日に2社を紹介してもらいました。そのうちの1社が今の会社でした。

今の会社に決めたポイントは?

「マーケティングを含めた経営企画」という募集だったので、自分の経験を活かせると思いました。また、親会社の「星野新聞堂」は創業して50年以上続いている、地元ではかなり有名な会社なんです。最近は新聞の購読者が減っていることは知っていましたが、この会社は「このままではいけない」ということも理解して、新規事業にも取り組もうとしています。そんな未来づくりに携われるのも楽しそうだと思いました。また、車で10分くらいと、自宅から会社が近かったのもご縁を感じました。

Uターンを目指すなら、リージョナルキャリアを利用するべき。楽なだけじゃなく、キャリアアップにもつながる。

転職していかがですか?

入社して3か月間はフリーペーパーの仕事をメインに行ってきました。かつての広告代理店でも「集客のためにどういう発信をしていけばいいのか」というお手伝いをしていたので、その経験が活かせていると思います。また当社の「Face to Face」は他のフリーペーパーとは一線を画しているんです。ひとことで言えば、ハイグレードな路線で、40~50代の新聞購読者をメインターゲットに、読み物としてしっかり成立するものを目指しています。広告主も「どの店でもいい」というわけではありません。もともとフリーペーパーで利益をあげるのではなく、この媒体をきっかけに当社の企画力を認めていただき、次のビジネスにつなげる、ということが会社の狙いですので、「無理に売らなければいけない」ということもなく、とても提案しやすいです。新規事業のほうも、ゼロから立ち上げるのは大変ですが、社長が実現に向けて一緒に動いてくれているので、安心してチャレンジできています。

生活面の変化はありましたか?

自宅は変わっていないのですが、生活サイクルはかなり変わりました。自宅で仕事をしていると「自由な時間が増える」と思いがちですが、実際は逆なんです。1日中ずっと、仕事モード。時間に関係なく電話が入ってくるし、食事をしながら仕事をしたり、食べ終わったらまた部屋にこもって仕事をする、という毎日でした。ですから、休みの日も完全にオフのモードにならない。今の会社では残業もありません。遅くとも19時前には家に帰れますし、その後は仕事のことは忘れてプライベートタイム。オンとオフの区別が明確につくようになりました。実は去年、子どもが生まれたのですが、自営をしていた頃は家にいてもかまってやれなかったんです。でも今の会社に転職してからはほぼ毎日一緒にお風呂に入れるようになりましたし、休日も家族サービスができるようになりました。おかげで、妻も喜んでいるみたいです(笑)。

転職してよかったと思うことは?

自由に使える時間が、圧倒的に増えたことです。地方の中小企業は「ブラック企業的な部分も多いんじゃないか?」というイメージがあったんですが、今の会社はそういう心配は全くありません。みんな本当に早く帰るんだ、と驚くほど、定時になったらすぐに帰ります(笑)。そんな会社なので、お客さんも無理難題を言うような人がいないんです。そういうところがすごく新鮮ですね。収入も安定しましたし、自分の経験がしっかり活かせる職場なので、とても満足しています。

困っていることや課題はありますか?

転職して久しぶりに家族以外の人と話す経験をしたので、最初は何を話せばいいか、戸惑いました(苦笑)。もともと人見知りなんです。また新聞配達の会社だけあって、みんな新聞をよく読んでいるんですよ。僕にはその習慣がなかったので、話についていけるよう、以前より世の中の情報にアンテナを張るようになりました。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

今回改めて、「Uターンを目指す人ほど、リージョナルキャリア静岡のように地元に根ざした転職支援会社を利用すべきだ」、と思いました。1社目を退職してUターンしたときは、仕事を決めないまま静岡に帰ってきて、自力で探したんです。求人サイトを見て、ひたすら応募しましたが、書類で落とされることが多く、3ヶ月ぐらいは無職のままでした。しかも面接などのスケジュールも自分で組まなければならず、すごく大変だったんです。でも今回はリージョナルキャリア静岡が会社との間に立ってくれたおかげで、スケジュール調整も自分でやらずにすみましたし、面接もTV電話を使ってもらえたので助かりました。最初のときは移動にかなりのお金がかかったんですよ。なにより、自己PRのうえでも大きなメリットを感じました。「自分にはこんな能力があります」ということを自分自身で伝えるのは、意外と難しいんです。でもコンサルタントがいれば、自分の能力をくみ取って、会社側にうまく伝えてくれます。だから、「一度会ってみましょう」となりやすい。この「会ってもらえる」ということが、重要なんです。書類で落とされたら、前には進みませんから。実際に今回は、転職を思い立ってから内定を貰うまで、1ヵ月くらいしかかかりませんでした。しかもコンサルタントに頼んだことで、自力では出会えないような会社を紹介してもらえたので、自分のキャリアアップにもつながりやすいと思います。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る