転職成功者インタビュー

広告代理店(東証一部上場企業グループ)
望月亮太さん(仮名・営業) 29歳

母の健康に配慮し、静岡に根付いた仕事へ転職。

羽衣伝説の舞台と知られる三保の松原や、駿河湾越しに富士山を望む日本平などの景勝地を擁する静岡県静岡市。望月さんはこの静岡で生まれ育ち、働き暮らすリージョナルヒーローである。大学時代は東京で過ごし、情報・通信の会社に就職して名古屋に移り住み、転勤で静岡に戻ってきた。しかし母親が体調を崩したため、より静岡に根付いて働ける仕事を求めて転職活動を行い、大手広告代理店(東証一部上場企業グループ)の静岡支社で働き始めた。新たな職場での仕事はより顧客に深く入り込み、高度なアウトプットを出すことが求められるようになり、キャリアの充実という面でも良い結果になったという。地元静岡でどのように転職活動を行ったのか、望月さんに話をうかがった。(※本記事の内容は、2014年4月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職回数
2回
転職期間
エントリーから内定まで71日間

転職前

業種
情報・通信業
職種
営業
業務内容
飲食店を中心とした提案型営業

転職後

業種
広告代理店
職種
法人営業
業務内容
広告出稿における法人への提案営業を担当。マスメディアやwebメディア、屋外広告などを組み合わせた企画提案を担当。

静岡の仕事を探すために地元の人材紹介会社を利用。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

東証一部上場企業グループの広告代理店に転職し、静岡支社で営業職に従事しています。仕事の内容は広告出稿を考えているお客様への提案営業で、マスメディアやウェブメディア、屋外広告などを組み合わせた企画提案を行っています。

入社前のご経歴を教えてください。

新卒で情報・通信の会社に入社し、新規開拓営業の仕事をしていました。最初の勤務地は名古屋、次に静岡の営業所に移り、勤務した期間は合わせて約5年です。お客様は飲食店や美容室、歯科医院といったところが多かったです。

転職のきっかけは?

私は静岡県出身で両親も静岡に住んでいるのですが、母が体調を崩したため、転勤の心配があまりない静岡の企業に勤めたいという気持ちが強くなったのがきっかけでした。前職の会社では転勤の可能性がありました。また、以前から業種や仕事の内容の面から転職したいという気持ちも持っていました。静岡にずっといられるのかという心配とも関係するのですが、前職の事業が静岡では下火になりつつあるという部分も転職を考えた理由の一つでした。

転職活動はどのように進めましたか?

地元に強い人材紹介会社という探し方でリージョナルキャリア静岡を見つけました。「静岡県内で、できれば転勤のない仕事」を重視する条件にして、あとは営業職であればよいということで比較的幅広い業種から求人をピックアップしていただき、そのなかで出会ったのが広告会社でした。全国的な大手紹介会社ではなくリージョナルキャリア静岡にお願いしたのは、勤務地が地元であることが転職のポイントだったことと、「大好きな街で働き、大好きな街で生きる」というWebサイトに出されていたメッセージに共感したからです。

今の会社に決めたポイントは?

本社は東京にあるのですが、静岡支社があって地元企業のように勤務することが可能だったこと。加えて仕事の内容が大変面白そうだったことに魅力を感じました。広告を扱う仕事ですから、あらかじめ用意された商品やサービスを当てはめていくのではなく、クライアントのニーズを探り、クリエイティブを使って表現し、成果に貢献しなければなりません。お客様ごとにアウトプットをオーダーメイドでつくっていくので大変ではありますが、自分の腕の見せ所があってやりがいを持てます。また、静岡で暮らしながらも、日本中の大手企業とお付き合いがありますので、大きな仕事を任されることも多く、静岡で暮らしながら成長していけることもポイントでした。

顧客に一歩踏み込んだ営業ができるようになった。

転職していかがでしたか?

仕事環境や内容ががらっと変わり、お客様との付き合いが非常に濃くなりました。今までより、お客様に一歩踏み込んだ仕事ができるようになったことが良かった点です。単純に打合せ一つとっても、前職では15分くらいで終わっていました。「ここに○○○を置いて、○○はこうして」と、流れ作業でできる内容だったからです。しかし現在は単純に広告枠を売るだけではなく、雑誌の誌面をつくったり、冊子を制作したりもします。するとお客様のご要望を詳しく聞き、綿密にすり合わせを行う必用がありますから、打合せは1時間、2時間という長さになります。そうやって何度も打合せを繰り返していくと、お客様とは自ずと一歩踏み込んだ関係になっていきます。いただく金額も大きいですし、それだけお客様からのご要望も濃い内容になるので、それはプレッシャーにもなりますが、仕事のやりがいでもあります。

生活面での変化はいかがですか?

出勤時間も前と一緒ですし、オフィスも前とそれほど離れてはいないので、生活面での変化はあまりありませんね。給与水準も以前と同じくらいです。ただ、転勤の可能性はないので、父と体調を崩した母と家族一緒に生活できるという安心感があります。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

「思い立ったが吉日」ではないですが、転職したいという気持ちがあり、何かしらの情報が欲しいと思ったら、人材紹介会社に相談してみると良いと思います。動かないと何も始まりません。転職したいと密かに思っていても、「周りに迷惑をかけたら」「お世話になった人がいるから」といった理由で動いていない人もいるでしょう。でも「結局、自分はどうしたいのか」を考え、その気持ちに基づいて動いてみることが大切だと思います。

担当コンサルタントから

チーフコンサルタント 
原口 翼

静岡県から転勤のない会社の情報を探しているというご希望でエントリーされた望月さん。 ご両親の体調に対する心配もあり、ご実家のある静岡で暮らしたいというご相談でした。面談では礼儀正しくハキハキとした受け答えをする姿に非常に好感がもてたのを覚えています。ご面談後の求人紹介の中で望月さんが希望された案件は、採用要件と少しズレがありましたが、望月さんの営業としての継続力と責任感の強さ、謙虚な姿勢は、未経験の広告業界でも発揮することができると感じ、ご推薦させていただきました。ご推薦後は、無事内定を獲得され、入社後も企業から高い評価を頂いています。異なる業界からの転職ならではの視点を活かし、今後も活躍いただけることを期待しております。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る