リージョナルHERO

転職成功者インタビュー

リージョナルキャリア静岡で転職した方々に体験談をお聞きしました。

抱き続けた地元への熱い想い。タイミングを逃さず念願のUターンを叶えた。

株式会社アミック
小川敦さん(仮名・プロジェクトマネージャー) 42歳

転職回数
1回
転職期間
エントリーから内定まで180日間

大学進学とともに上京して22年。都内で就職し結婚していたものの、「地元浜松に戻りたい」という想いを抱き続けていた小川さん。数年前から自力で浜松の転職情報を収集し始め、最終的にはリージョナルキャリア静岡を活用し、Uターン転職を成し遂げた。企業のITコンサルタントとして活躍した経験を活かし、今度はシステムを提供する側の立場に。もとより仕事に不満はなかったため、転職には勇気が必要だったと振り返る小川さんだが、決してタイミングを逃さず、自分が一番求めていたことを実現した。今では浜松にある実家の近くに一戸建てを設け、家族でのんびりと暮らす小川さん。その転職活動体験談を伺った。(※本記事の内容は、2021年12月取材時点の情報に基づき構成しています)

転職前

業種
コンサルティングファーム
職種
システムエンジニア
業務内容
企業の基幹業務に関わるシステムの構築・導入支援

転職後

業種
製造業向けERPシステムパッケージベンダー
職種
プロジェクトマネージャー
業務内容
システム構築におけるコンサルティング、開発プロジェクトマネージャー

東京で活躍しつつも抱き続けた「地元に戻りたい」という想い。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

私が勤務しているアミックは、パッケージベンダーといって、製造業向けの業務支援システムの開発、導入から保守まで手掛けている会社です。製造業と一口でいってもジャンルは様々で、医療品をはじめ、化学品や食品、化粧品など。本社は浜松にありますが、クライアントは地元に限らず全国各地にある製造メーカーです。私はシステムエンジニアとして入社して3年目。現在は富山にある医薬品メーカーを担当しており、製薬工場の生産管理や工程管理をはじめ、会社の売上や原価管理など、社内のあらゆる業務管理システムを乗せ換えるというプロジェクトに携わっています。

入社前のご経歴を教えてください。

もともと浜松市出身で、大学進学とともに上京しました。卒業後は東京に本社があるITコンサルティングファームに入社し、都内のオフィスにて企業のIT面のコンサルティングやシステム導入の仕事を担当。取り扱っていたシステムは、自社開発のものや別の会社で作ったものなど様々でした。それらをまとめ上げて提供するという、システムインテグレーターのような仕事をしていたこともあります。この会社に入社した理由の一つは、浜松に本社があったこと。いつか浜松に戻れたら、という思いがあったんです。しかしその後、別の外資系ITコンサルティングファームからお誘いを受けて、転職することに。その会社での業務内容は、システムを導入するというよりも、導入する手前の段階、構想的な部分からの提案をすること。上場したいという会社に対しては、業務改善や業務効率化を促すため、IT面でのシステム導入のサポートをしていました。

転職のきっかけは?

東京で暮らしを始めて22年が経っていましたが、私の心の中には、出身地である浜松に戻りたいという思いがずっとありました。結婚して2人の娘が生まれ、ふと「来年上の子が幼稚園に上がるんだな~」、と考えていた時に、「地元に戻るなら今しかない!」と思い立ったんです。もともと妻には浜松に戻りたいという話はしていたので、理解してくれていましたが、子どもを転校させるのはできるだけ避けたいと思っていたので、幼稚園に上がる前という今のタイミングを逃してはいけないと思いました。動き出してからは早かったですね。正直なところ、仕事は気に入っていましたし不満はなかったのですが、自分にとっては浜松に戻るということが一番大切なことだったんだと思います。

転職活動はどのように進めましたか?

数年前に転職サイトに登録して、情報収集だけはしていました。その後も浜松の気になる会社のホームページをチェックしたり、以前一緒に働いていた会社の先輩に、浜松の会社情報を聞いたり。しかし最終的にはリージョナルキャリア静岡(株式会社リンク・アンビション)一本で転職活動を進めました。同社のサイトに「Uターンに力を入れていて、地元企業に強い」と記載されていたので、ここに頼ってみようと思ったんです。担当してくださったキャリアコンサルタントの方は、すごく親身になって話を聞いてくれ、私の経歴に合った会社をすぐに2社紹介してくれました。そのうちの一つがアミックでした。実は自分で調べた中でも「一番いいのはアミックかな」と思っていたんです。でも自分だけの情報ではなく、自分のアンテナにはひっかからない、別のいい情報があるかもしれないという思いもあってリージョナルキャリア静岡に登録していました。ですからアミックを紹介されたとき、地元の会社情報を知り尽くした方が紹介するということは、自分に合っているのはやっぱりこの会社なんだなと、太鼓判を押してもらった感じでしたね。

今の会社に決めたポイントは?

いい意味で地元密着にこだわらず、全国を相手に仕事をしているところに魅力を感じました。浜松の中小企業なので地元に貢献する活動もしていますが、取引先は地元だけではないので、仕事の幅が広いと思います。例えば取引先の飲料メーカーは、本社は東京ですが拠点は全国にあるので、出張先は全国各地。色々な方と出会ったり、見聞きできるのもいいなと思いました。システムを開発する会社なので、社内は静かで暗い感じかなと思っていましたが、決してそんなことはなく、明るくていい雰囲気です。社長は学者肌の印象でしたね。フレックス制や在宅勤務なども採り入れていて、柔軟な働き方ができるもの魅力的だと感じました。新しいものを採り入れて、どんどん会社を良くしていこうという前向きな社風にも共感しています。

地元に戻れたのが何より幸せ。仕事ではプロジェクトマネージャーに抜擢。

転職していかがですか?

率直に言って、地元に帰ってこられたのが本当に嬉しいですね。そして自分の経験が活かせる仕事に就けて、本当によかったなと思っています。今、富山の医療品メーカーの旧システムを2年かけて新システムに乗せ換えるという大きなプロジェクトを進行しているのですが、プロジェクト全体の管理を担う、プロジェクトマネージャーを務めています。以前システムを導入する側の仕事をしていたので、その経験も役に立っています。現在プロジェクトがスタートして半年ほど経ったところで、毎日本当に忙しいですが、やりがいを感じていますよ。自分の生まれ育った場所で、自分の経験や知識を活かして仕事ができることが本当に幸せだなと思います。

転職して良かったと思うことは?

通勤時間が減ったこともよかったですね。以前の出勤先は、都内の事務所か常駐していた客先でしたが、電車でだいたい1時間から1時間半ほどかかっていました。今も電車で通勤していますが、30分ほどに減りました。しかも都会のように電車が混み合うことはないので、通勤ストレスはかなり減ったと思います。それから都会ではどこへ行っても混んでいるので、休日もストレスを感じていました。子どもを連れて遊びに行くのも大変でしたが、今は公園などへ気軽に出かけられるのが気に入っています。「浜松の空は都会と違って広いな~」なんて思ったり、のんびり過ごす時間も増えたと感じます。

困っていることや課題はありますか?

今まではシステムを取り入れる側でしたが、今度は立場が変わり、システムを提供する側。システムの内部まで理解していないといけないので、勉強することはたくさんありました。今でもまだ日々勉強していますよ。自社製品なので、わかっていないと話にならないですから。まだまだわからないこともあり、大変なこともありますが、充実した毎日を送っています。それから、社員は120人ほどいるのですが、正直なところ、まだ名前と顔が一致していない人もたくさんいます。最近はご時世的に飲み会などもないですし、プロジェクトごとにチームが組まれて動くので、なかなか横のつながりが広がっていないのですが、これから広げていきたいなと思っています。

生活面の変化はありましたか?

生まれ育った地元なので、親族で集まる機会が増えました。子どもたちには同じくらいの年のいとこがいるのですが、今までは離れて暮らしていたのでなかなか会えませんでした。しかし今はよく一緒に遊んでいますよ。それから都内では一戸建てを建てるのは難しいと思っていましたが、こちらに引っ越したらすぐに建てることができました。子どもが家の中を走り回っても周りの住人に迷惑をかけることがないので、のびのびさせることができます。子育てする環境としても、引っ越してよかったなと思っています。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

私と同じように、いつか地元に戻りたいとUターンを考えている方がいたら、遅くなればなるほど動きにくくなる、ということを伝えたいですね。子どもがいると、幼稚園に入る時や小学校に上がる時など、引っ越しするのに意識したいタイミングがあると思います。コミュニティができあがってからだと、どんどん環境を変えにくくなるもの。「ここだ!」というタイミングを見つけたら、思い切って動いてみるといいですよ。そこからトントン拍子に動いていきますから。私の実家は、今住んでいる場所から車で10分ちょっとの距離にあります。両親はずっと私たちが東京で暮らすと思っていたようで、初めは「本当に帰ってくるの?」と驚いていましたが、今では本当に喜んでくれています。私は長男なので、近くにいて、何かあったらサポートしたいとずっと思っていました。だからやっと親孝行できたかなとホッとしています。地元は本当に落ち着くので、ぜひみなさんもUターン転職を成功させてください。

担当コンサルタントから

株式会社リンク・アンビション 
伊藤 雅隆

浜松へのUターンを実現するために、ご自身でも情報収集をされていた小川さん。我々コンサルタントにすべて任せるのではなく、ご自身で方向性を整理しながら転職活動を進めていらっしゃいました。その中で静岡への転職に特化した弊社だからこそ小川さんの意思決定に必要な情報提供ができたことを大変喜ばしく感じています。ご入社されたアミック社は、製造業向けERPシステムにおいて国内トップクラスのパッケージベンダーです。国内企業が取り組んでいるDX推進において、同社の提供するソリューションは今後さらに注目されるはずです。そんな注目企業でのご活躍を心から嬉しく思います。

転職成功者インタビュー一覧

ページトップへ戻る