• HOME
  • リージョナルHERO

リージョナルHERO

同じ地域でも、転職したら月収アップ。仕事の幅も広がった。

株式会社モアソンジャパン 後藤 康弘さん(仮名) 40歳

後藤康弘さん(仮名)は、40歳で転職に成功したリージョナルヒーローだ。仕事は、ITエンジニア。現在は地元・静岡市内のソフトウェア受託開発会社で活躍している。実は、直前の会社も、静岡市内の同業。大手企業のグループ会社だったが、親会社の業績不振のあおりを受け、数年間にわたりボーナスの支給額が以前よりも少ない状態が続いていた。そこで転職を思い立ったものの、年齢はすでに40歳。過去に何度か転職を経験していた後藤さんだったが、「今回は年齢的に難しいかも」という不安を抱えながらのスタートだったという。しかし、「リンク・アンビション」と出会うことで一気に道は開けた。IT関連企業だけでも10数社の紹介受け、最終的には仕事内容、勤務地、収入ともに、ほぼ希望通りの会社へ入社することができた。「今、SEは売り手市場なのを実感しました」と振り返る。

詳しく見る

自分にとっての「豊かさ」とは?その答えが、この転職にあった。

株式会社遠州鉄道 早坂 将司さん(仮名) 32歳

「もともと地元愛が強かった」という早坂将司さん(仮名)。まとまった休みがとれるたびに、東京から静岡へ帰省。趣味のサーフィンを楽しんだり、実家の茶畑を手伝っていた。だがそんな早坂さんでも、地元への転職は、迷いに迷った。Uターンを具体的に考え始めたのは、30歳を過ぎた頃。しかし真剣に考えれば考えるほど、地元へ帰る不安も大きくなったという。「収入は減るだろうし、不便にもなる。付き合う人も変わる。それでも本当に帰るべきなのか?」。自問自答を繰り返した末に、31歳で妻子を連れてのUターンを決断。その背中を押したのは、「自分にとっての豊かさとは何か」「どんな人生を過ごしていきたいのか」という問いかけだった。

詳しく見る

畑違いの転職に芽生えた、新たなやりがい、夢だった生活。

丸仲商事株式会社 阿部 由紀夫さん(仮名) 29歳

阿部 由紀夫さん(仮名)は、静岡の機械メーカーへ転職したリージョナルヒーローだ。それまでは大手の印刷会社。販促企画を指揮していた文系営業マンが、エンジニアが集まる理系の営業現場に飛び込んだ。カタチのないものを提案する営業から、1台数千万円の機械を売る営業へ。専門知識や専門用語の壁に苦労しながらも、畑違いの自分だからこそできることや、会社からの期待も感じる日々。同時に、生活も一変した。以前は深夜帰りが当たり前だったが、今では夜7時半には帰宅し、婚約者と夕飯のテーブルをともにする。「こういう生活が夢だった」と喜ぶ阿部さんにお話をうかがった。

詳しく見る

新たなチャレンジは、小さくても「自分」を必要としてくれた会社で。

株式会社AKシズオカ 杉山 義明さん(仮名) 34歳

杉山 義明さん(仮名)は、静岡県在住のリージョナルヒーローだ。高校を卒業後、自動車メーカーに就職。その後は全国チェーンのメガネ販売店で、店長として活躍していた。しかし、関東への異動を打診されたのをきっかけに、転職活動をスタート。転職サイトに登録したところ、早速、複数のオファーが舞い込んだ。そのなかには大手企業からのものもあったという。しかし彼が選んだのは、立ち上がったばかりの若い会社。しかもコンビニという、未経験の業界。大手を知る彼だったからこそ、規模や知名度よりも大切にしたいものがあった。

詳しく見る

希望職種にこだわりつつも、地元へのUターンに成功!

株式会社H・K・S 清水 翔太さん(仮名) 32歳

地元に帰りたい。でも、職種にはこだわりたい―。そんな2つの思いを見事にかなえたリージョナルヒーローが、清水 翔太(仮名)さんだ。清水さんは2011年1月、神奈川県から地元・静岡県へのリージョナル転職を果たした。きっかけは、子どもの誕生。同じ静岡県出身の妻の希望もあり、地元への転職を思い描くようになった。しかし清水さんには譲れない条件もあった。それは、「今の職種を続けたい」ということ。「自動車関連のシステム開発」という特殊な職種でもあり、地元で探すにはハードルが高いと思われたが、リンク・アンビションからの紹介によって、希望にマッチする仕事を地元で見つけることができたという。

詳しく見る

母の健康に配慮し静岡に根付いた仕事へ転職

広告会社 望月 亮太さん(仮名) 29歳

羽衣伝説の舞台と知られる三保の松原や、駿河湾越しに富士山を望む日本平などの景勝地を擁する静岡県静岡市。望月 亮太さん(仮名)はこの静岡で生まれ育ち、働き暮らすリージョナルヒーローである。大学時代は東京で過ごし、情報・通信の会社に就職して名古屋に移り住み、転勤で静岡に戻ってきた。しかし母親が体調を崩したため、より静岡に根付いて働ける仕事を求めて転職活動を行い、この6月から広告会社の静岡支社で働き始めた。新たな職場での仕事はより顧客に深く入り込み、高度なアウトプットを出すことが求められるようになり、キャリアの充実という面でも良い結果になったという。地元静岡でどのように転職活動を行ったのか、望月さんに話をうかがった。

詳しく見る

リージョナル転職成功のポイントは「郷に入っては郷に従え」

株式会社H・K・S 服部 健一(仮名) 35歳

服部 健一(仮名)さんは韓国で生まれ、小学生のときに日本へ移り住み、その後アメリカで留学生活を送るという、さまざまな文化のなかで生活を送った経験の持ち主である。アメリカから日本に戻った服部さんはウェブデザイナーとして経験を積み上げてきたが、不運にも勤務していた会社が倒産。そして転職活動を行うなかで現在の会社と出会い、千葉から静岡へとリージョナル転職を果たした。異なる地域文化、異なる組織文化へ入っていく行為という側面のあるリージョナル転職の実際や心構えについて、豊富な異文化対応の経験を持つ服部さんに話をうかがった。

詳しく見る

ページの先頭へ

PAGE TOP

求人検索
地域で探す
静岡市 浜松市 沼津市 熱海市 三島市 富士宮市 伊東市 島田市 富士市 磐田市 焼津市 掛川市 藤枝市 御殿場市 袋井市 下田市 裾野市 湖西市 伊豆市 御前崎市 菊川市 伊豆の国市 牧之原市
職種で探す
営業系 事務・管理・企画系 サービス、販売、運輸系 Web・クリエイティブ系 専門職(コンサルタント、金融、不動産) ITエンジニア 電気、電子、機械技術者 素材、食品、医薬品技術者 建築、土木技術者 教育、医療、福祉 その他
業種で探す
IT・通信 金融・保険 メーカー(電気・電子・機械系) メーカー(素材・消費財・医薬・食品・その他) 商社(電気・電子・機械系) 商社(総合商社・素材・消費財・医薬・食品系) 流通・小売・サービス 専門コンサル・ビジネスサービス 広告・出版・印刷・マスコミ 建設・土木・不動産 その他
面談会情報を探す