リージョナルHERO

暮らしたい場所へのリージョナル転職を成功させたHERO

静岡へのリージョナル転職を見事実現された候補者の碓田清陽さん(仮名)にインタビューしました。

郷里で独立したい。そんな夢に賛同し、実現に協力してくれる会社に出会えた。

大学を卒業し、食品卸の商社に就職。東京で5年、名古屋で3年を過ごした碓田清陽さん(仮名)。そんな日々の中でも「長男だし、実家は本家。いずれは地元の静岡に戻らないといけない」と漠然と考えていた、と碓田さんは語る。その思いは、転勤で郷里の静岡に赴任したのを機に具体化する。以前から温めていた「飲食業も面白そう」という希望をさらに一段進め、「せっかく郷里でやるなら、いっそ飲食業で独立しよう」と決意。静岡の求人情報に特化したリンクアンビションなら良い所が見つかるのではないかとすぐ登録し、面談では「独立のためになる会社で学びたい」と要望を伝える。意向が明確だったこともあり、独立歓迎の飲食会社に出会えた碓田さん。今、将来に向かって着実に前進している。

- プロフィール株式会社セント・リングス 碓田清陽さん(仮名) 31歳/大学卒
- 転職活動【転職回数】1回【転職期間】エントリーから内定まで120日間

転職前の職業・転職後の職業

職業 営業職 職業 飲食店副店長職
業界 食品専門商社 業界 飲食フランチャイズチェーン
仕事内容 精米提案営業 仕事内容 店舗運営全般

1静岡の求人件数は多くないので、転職成功には明確な意志表示が大事だと思った。

現在のお仕事はどんな内容ですか?

当社がフランチャイジーとして経営する『海鮮うまいもんや 甚兵衛』で、副店長を務めています。『甚兵衛』は、セント・リングスが2015年7月にオープンさせたばかりの、特にファミリー層に人気が高い店です。副店長の私の役割は、ホールやキッチンのスタッフに適切な指示やアドバイスを行い、店内をスムーズに運営すること。週末など多くのお客様が来店され、スタッフが手薄になった時は、ホールでもキッチンでも自ら現場に入ります。

入社前のご経歴を教えてください。

高校・大学とずっとアメフトをやっていました。あの当時はよく食べていて、1日6食くらいは当たり前。大学を卒業してお米の商社に就職したのは、食べ物への関心が高かったおかげかもしれません。外食店やスーパーなどにお米を卸す営業を担当。入社してすぐ東京で5年、名古屋に転勤して3年、その後は出身地の静岡に赴任し、1年を過ごしました。

転職のきっかけは?

前職で名古屋にいた頃、よく飲みに出かけていたのです。やがてある店の常連になり、週3回も足を運ぶようになりました。店に来る別の常連さんとも仲良くなりまして。その頃から「飲食業もいいな」と考え始めたのです。料理も好きで、自己流でパスタや焼き物を作ったりもしていました。その後、静岡に転勤となったことで、本格的に転職を考え始めました。私は長男ですし、実家は本家なので、いつか家に戻らないといけない。どうせ地元でやるなら、飲食業としていずれ独立したいと考えるようになりました。

転職活動はどのように進めましたか?

静岡の求人件数は決して多くありません。静岡の求人に強いところはないか…と探して行き当たったのが、リンクアンビションさんのサイトです。登録すると、すぐ返事を頂きました。私も早めに事務所を訪ね、エージェントに対面で希望を伝えました。会って話した方が早いし、ニュアンスまで理解してもらえますから。エージェントは早速動いてくれ、5社ほど紹介を頂きました。飲食業の会社が多かったですが、中には水産加工会社などもありました。「独立の際の仕入れルートを学ぶきっかけになるのではないかと思い、紹介リストに加えました」というエージェントの説明を聞き、わかってくれていると感じました。

今の会社に決めたポイントは?

セント・リングスは多彩な外食店を展開する会社で、良い勉強の場だと感じました。また面接の段階でセント・リングスの社長さんは既に私の独立の意志をご存知で、「ウチでしっかり修行したらいい」と勧められたのです。おまけに「採用したら、あなたを7月オープンの新店(=『甚兵衛』)に配属しようと考えている」と言って頂けたこともポイントです。新店オープンの経験など、なかなかできるものではありません。これは独立の際の財産になる。そう考え、お世話になろうと思いました。

240年の和食経験を持つベテランに、魚のさばき方から教えてもらう毎日。

転職していかがでしたか?

仕事の大まかな点は、転職前に想像した通りで特に違和感はありません。体力面も慣れれば特にきついわけでもないですし、スタッフ管理についても、前職で後輩やアルバイトに指導を行うことがあったので、難しさは感じません。お客様が混んだ時の忙しさは想像以上ですが、それだけ多くの人に支持されていると考えると、むしろ嬉しいです。

生活面での変化はいかがですか?

転職直前は地元の静岡に赴任していたので、転職後との大きな変化はありません。ただ名古屋、東京にいた頃と比べると、落ち着きを感じます。ずっと地元で暮らせるという安心感があるのでしょう。

転職してよかったと思うことは?

今、副店長として業務をこなす傍らで、料理長に調理を教わっています。料理長は40年の和食経験を持つベテランです。魚のさばき方一つをとっても、私がやったものと料理長のやったものとでは、出来栄えがまるで違う。ここに至るまでには時間がかかるだろうな…と思いつつ、こんな技を惜しげも無く教えてもらえるのがありがたいです。サラリーマンの頃は、決まったことをやればいいと思っていました。でも独立という目標を見据えた今は、何をやるにもどんな意味があるのか考えますし、自発的に動くようになりました。

転職を考えている人にアドバイスをお願いします。

大事なのは「自分が将来どうなりたいのか」を明確にすることだと思います。今いる会社の不満を並べ立てるだけでは、転職はうまくいかないのではないでしょうか。私がセント・リングスに巡り会えたのは、早い段階でエージェントに対面し、自分の要望を伝えたおかげだと考えています。意志を明確に示すと、エージェントもそれに合った会社を探しやすくなり、結果的には効率のよい転職活動になると思います。


コンサルタントの紹介へ

株式会社リンク・アンビション 伊藤 雅隆

今回の転職は、碓田さんのキャリアビジョンが明確だった点がポイントだったと思います。 営業マンとして優秀な成果を上げられていた碓田さんから「将来独立したいので、飲食業界で経験を積みたい」との言葉を聞いた時、大変驚いたことを記憶しています。転職の目的が明確だった為、企業様にご紹介する際は事前にご本人のキャリアイメージをお伝えさせて頂きました。セント・リングス社では採用後、新規オープン店での配属を提案して頂き、独立時を想定した経験を積ませて頂けるといったご配慮点も大きかったと感じています。夢への一歩を踏み出した碓田さんの今後のご活躍が楽しみです。

専門のキャリアコンサルタントがあなたの転職活動を無料でサポート!

エントリー いますぐ転職をお考えの方へ! プレエントリー いつかは転職とお考えの方へ!

ページの先頭へ

展開拠点

求人検索

地域で探す
業種で探す
職種で探す
面談会情報を探す
転職ノウハウコンテンツ
リージョナルキャリア静岡